バナー

多汗症治療と予期不安について

多汗症治療はエクリン腺と呼ばれている多汗症の汗が分泌される汗腺を切除する方法で可能になると言われています。


しかし、多汗症治療は外科手術を行うだけで完全な治療に繋がらない事も在るのが特徴です。

多汗症の症状を持つ人と言うのは他の人と比較するとエクリン腺の量が多い、そして分泌する汗の量が多いと言われており、多汗症治療はエクリン腺を切除する事が重要となるのですが、汗を分泌させるメカニズムは脳神経などが関与しており、体温を下げる目的で汗を分泌させることになります。



しかし、体温を下げる目的以外にも、予期不安と呼ばれる症状が在ると、脳神経は汗を分泌させるための指令を送りだしてしまい、大量の汗をかいてしまう事も在ります。



汗をかいてしまうのではないだろうか、恥ずかしい思いをしてしまうのではないだろうかと言った予期不安が在る事で、周りの人が汗をかかないような気温の時でも多汗症の症状を持つは大量の汗をかいてしまうケースが在ります。



特別暑くも無いのに、手の平に汗をかいてしまうのも多汗症の特徴の一つで在り、電車のつり革や手すりを握った時に、手のひらから汗が出ているように感じた時、実際には汗をかいていないけれども、手の平からの汗でつり革や手すりが濡れてしまうと周りの人に感付かれてしまうのでは、と言う予期不安を感じる事も在り、これが原因で汗をかいてしまうなど、精神的な要因も多いため、多汗症治療ではこれらの改善も必要になるのです。